弘善会 医療技術部

医療法人 矢木脳神経外科病院  医療技術部 薬剤師 臨床検査/工学科 理学療法士 作業療法士 言語聴覚士

ブログ

NEW 塗り薬(外用薬)の知識

「塗り薬はたくさん塗ればいい」なんて思っていませんか?

 

   1回にどれくらいの量を塗ればよいか考えたことはありますか?特に、ステロイドの入った塗り薬は要注意です。
量が少なすぎれば十分な効果が得られませんし、逆に多過ぎれば副作用を起こす場合があります。
塗り薬は、たくさん患部に塗ったからといってよく効いて早く治るわけではありません。

今回は、おおまかにですが塗り薬の塗布量について目安をご紹介致します。

  軟膏・クリーム剤

 ここではまず、ステロイドの入った外用薬のお話をします。

フィンガーチップユニット(fingertip unitFTU)といわれる単位があります。

 1FTUとは、「成人の両方の手のひら(手指を含む)にお薬を塗る際に必要な外用剤の量」と言われて、人差し指の先から第一関節まで押し出した量の事をいいます。


ローション剤

容器を患部に直接当てて塗るとお薬が多く出てしまうので必ず指にとって塗って下さい。
目安として、1円玉大程度の大きさが1FTUとなります。


ステロイド外用剤は、患部以外に付着すると副作用(かぶれ等)を起こすことがあります。 使用後は、患部以外の場所に付着しないようにしっかり洗い落として下さい。



ローション剤消炎鎮痛剤のゲル・クリーム
クリームはすりこむように塗って下さい。
ゲルのお薬はすり込んでいくと消しゴムのカスのようなものが出て、効果が落ちてしまうので薄く広げて塗って下さい。
どちらもお風呂上りに使用するとより効果的と言われています。

以上が大まかですが、外用薬の使用量になります。早速今日からお試し下さい。

NEW 採血のお話 ・・・採血管・・・

血液は身体のすみずみまで巡っているので、血液中に含まれる成分を分析すれば、組織や臓器の状態がわかり病気の診断や治療の判定に利用できます。
◆なぜ何本も採血するの?
 検査項目によって採血管の中にはそれぞれ違う薬剤が入っており、専用の採血管が必要となるためです。
 キャップの色で区別されています。
  @  血液を固めてその上澄みを測定するもの(血清)
  A B血液を固めずに上澄みで測定するもの(血漿)
  C  血液そのまま測定するもの(全血)

画像@

◆ 採血量はどれくらい?
   採血量は検査項目によって異なりますが、多くの方は20ml以内です。(大さじ1杯程度)
   全身を巡っている血液量に対して僅かです。

◆採血管に勝手に血液が入っていくのはなぜ?
   真空(陰圧)になっており、一定の量しか採血されないようになっています。
   採血管の中の薬剤と血液が一定の割合で混ざりあいます。
 
   

COIL塞栓術について

脳動脈瘤が破裂してくも膜下出血をきたした場合には、生命に危険が及ぶか脳の後遺症を残す可能性が高く、それを予防するためには破裂防止の処置が必要となります。
現在のところ、薬物を中心とした内科的治療では破裂を防止する事は不可能で、物理的に脳動脈瘤内への血流を遮断する必要があります。
これには大きく二つの方法があり、一つは開頭手術を行い、動脈瘤の根元に特殊クリップをかける方法でクリッピング術と呼ばれています。もうひとつは動脈瘤内にプラチナ製のコイルを詰めて動脈瘤を閉塞する方法でコイル塞栓術(血管内手術)と呼ばれます。
血管内手術は血管の内腔から治療部位に到着するため、体にとって侵襲の少ない治療方法です。脳動脈瘤の場合、コイル塞栓術と呼ばれる血管内治療が実施されます。外科手術とは異なり、コイル塞栓術は開頭術を必要としません。直接に脳血管・脳動脈瘤を見て治療をする代わりに、リアルタイムのX線透視画像下に血管を視覚化し、血管の内腔から脳動脈瘤を治療します。
太ももの付け根の血管から治療用の細い管(カテーテル)を動脈瘤の中まで誘導して、その中を細くやわらかいプラチナ製のコイルを通して、動脈瘤を内側からつめてしまう治療です。

 ダニが発生してしまう食品について

近年テレビで取り沙汰されている、お好み焼き粉や天ぷら粉にダニが大量発生する問題について調べました。



@ダニがわく食品
お好み焼き粉、てんぷら粉、ホットケーキミックス、すりごま、パン粉など、糖と油とタンパク質が含まる粉末は、ダニの恰好の餌となり、袋の中で爆発的に繁殖します。
タンパク質が含まれない、塩にはダニはわきませんが、砂糖は湿気ている場合にはダニがわくことがあるようです。
その他、干しシイタケ、鰹節、とうがらし、小麦粉、片栗粉、切り干し大根もダニが繁殖する食品です。


Aダニがわくとどうなるか
ダニがわいた食品を摂取すると、じんましんや気道閉塞による呼吸困難などのアナフィラキシーショックが起こり、最悪死に至る場合があります。症状が出てしまうダニの摂取量は、人それぞれ許容量が違いますが、摂取するダニの量が多ければ多いほど危険性は高くなります。
ダニは加熱調理すると死滅しますが、死骸や糞、抜け殻もアレルギーの原因になるので、一度ダニがわいてしまった食品を安全に摂取することは出来ません。


B対策
開封済みの上記粉類は、密封して冷蔵庫に入れるようにしましょう。
冷蔵庫の庫内温度ではダニはほとんど増殖できません。

脳卒中のリハビリテーションについて

脳卒中(脳梗塞・脳出血)を発症すると、運動麻痺(手足が動かせない)、感覚障害(触られていることがわからない)、
意識障害(眠ってしまい起きられない)、言語障害(言葉が出ない)、嚥下障害(飲み込むことができない)、
高次脳機能障害(判断や思考が鈍くなる)…などの様々な障害が生じます。

これらの障害に対して…

理学療法士は、立ち上がったり、歩くなどの「基本的動作」
作業療法士は、食事や排泄、入浴などの「応用的動作」「社会適応能力」
言語聴覚士は、集中力や記憶力などの「高次脳機能」「言語機能」「嚥下機能」

                              …の回復を図るために訓練、治療を行っていきます。

発症してまもない急性期では、容態が安定していないため急変するリスクがあります。
そのため、血圧や脈拍などのバイタルサインを確認して、異変が生じていないかを
評価しながらリハビリテーションを行います。


リハビリテーションとは…
世界保健機構(1968)が『医学的・社会的・教育的・職業的手段を組み合わせ、かつ相互に調整して、
訓練あるいは再訓練することによって、障害者の機能的能力を可能な最高レベルに
達せしめること』と定義されています。

このように、文章で見るとわかりづらいですが、リハビリテーションの中には以下の手段があります。

医学的手段:理学療法、作業療法、言語療法
教育的手段:治療と教育…療育
職業的手段:職業訓練での社会参加や経済的な自立を促す
社会的手段:訪問介護サービスや施設入所など

病院内でのいわゆる「リハビリテーション」は医学的手段であり、1つの手段に過ぎませんが、
医者・看護師・各療法士・MSWなど他職種と連携をはかりながら関わらせていただきます。

急性期脳梗塞の診断について

 急性期(できたて)の脳梗塞の診断はMRIの拡散強調画像と呼ばれる撮影方法で診断します。拡散強調画像以外のT1、T2、Flairなどの撮影方法では、ある程度、発症から時間が経過した脳梗塞だけが白く描出されます。 一方、拡散強調画像は、発症後1時間の急性期脳梗塞が描出されます。画像@のFlairの画像では脳梗塞が白く写し出されます。拡散強調画像以外のT1、T2,Flairで描出されている脳梗塞は、発症してから24時間経過した脳梗塞であることが分かります。
 
 

画像@

 一方、画像Aでは、拡散強調画像で白く写し出されています。これは発症後1時間の新しい急性期の脳梗塞であり、突然発症した症状と合致するか判断します。
 症状と一致していれば症候性(症状の出ている)急性期の脳梗塞と診断されます。よくテレビに登場する「かくれ脳梗塞」は症状が出現せずに知らないうちに発生した脳梗塞(無症候性脳梗塞)のことですが、拡散強調画像で描出されていなければ急性期脳梗塞ではなく、古い脳梗塞と判断されます。 
 
 
   

画像A

 動脈硬化の検査について

動脈硬化は動脈の加齢現象。
血管の壁が脂肪の沈着などにより厚くなったり、高血圧の影響や石灰の沈着などで硬くなったりする現象のことです。
血液の通り道が狭くなり血流が流れにくくなり、弾力が失われて血管がもろく壊れやすくなります。
心筋梗塞や脳梗塞の原因となります。
動脈硬化が進行すると
  心臓に負担            ⇒心肥大、心不全、高血圧
  臓器、組織が正しく機能しなくなる ⇒心筋梗塞、脳梗塞、下肢閉塞性動脈硬化症
  血管が破れやすくなる       ⇒脳出血

動脈硬化の検査は?
血液検査、頸動脈検査、脈波図検査などがあります。今回は脈波図検査について説明します。
動脈硬化は全身のいたるところに起こるものです。足の動脈硬化が起きている人の7割は脳や心臓でも動脈硬化が起きていると言われています。
動脈硬化がどの程度進行しているのか、足の血圧を測り進行の程度を知ることができます。
あお向けに寝た状態で両腕・両足首の血圧と、脈波を測定します。痛みはなく検査時間約10分ほどです。

 平成29年 5月 『ひじきに鉄分が多い』はもう古い!栄養の新常識!!

2017年の食品成分表改定から、ひじきや切り干し大根など、一部の食品の鉄分が大幅に減りました!!

これは、2017年以前は、ひじきを鉄製の鍋で炊いていたり、切り干し大根は鉄製の包丁で切っていた為、調理工程で鍋や包丁から溶け出す鉄分が含まれていたからです。

過去のひじき・切り干し大根と、現在のたひじき・切り干し大根を比較すると、次のようになります。

乾燥ひじきでは、改定前55.0mgから、6.3mgに88%減少。
乾燥切干し大根では、改定前9.7mgから、3.1mgに68%減少しています。


一般成人の一日の鉄分推奨量は、男性7.0mg、女性10.5mgなので、ゆでひじき100gを食べても0.3mgと全然推奨量に到達できません。
ひじきの煮物を1kg食べても、やっと3.0rぐらいです…。

反対に考えると、それだけ鉄の鍋や鉄の包丁で調理すると、鉄分が増えるということですね!

少しお手入れに手間はかかりますが、昔ながらの鉄の調理機器にもメリットがあることを知り、生活に取り入れてみても良いかもしれません。

平成29年 4月 高次脳機能障害の患者様の声

  当院は急性期病院ですが、現在退院した人でリハビリが必要な方には
外来でリハビリを継続しています。
とくに、高次脳機能障害は、社会生活が困難となる障害なので、
病院にいる時よりも退院した後の方が問題が生じることが多く、
医療機関によるフォロー体制が必要であると考えています。
そして、この障害は「見えない障害」ともいわれ、周囲の人だけでなく、
医療関係者でさえ、障害によって何が困難であるのかわかりにくいもので、
様々な誤解を生じることが少なくありません。
先日、当事者より「障害になってから、どんな気持ちでリハビリをして、何を感じているのか」話をして頂きました。
原稿用紙を何度も書き直し、読む練習も自宅で何度もして、臨まれました。
リハビリテーションとは、生き直しの意味もあります。
病前と同じ生活は困難だとしても、その人ができる社会的役割を再獲得を目標としたいと考えています。
また、当院のスタッフも、この日は、「患者から学ぶ」
という医療人としての基本姿勢を改めて考えるきっかけになったと思います。
 
最後に、本人からの感想をいただきましたので、ご紹介します 「原稿を読み始めると、割と上手に読めたと思う。何度練習したことか。終わってから何人かが涙ぐんでいた。
こちらも泣きたいくらいです。こんなに若くして病気になって、本当に悔しい。いまだに僕は納得できていない。
それでも、この機会を与えてくれてありがとうございました。」
 

 平成29年 3月 放射線被ばくについて

  
「昨日も別の病院でレントゲン撮影したけど大丈夫ですか」  
「一回のCT検査でどれくらい被ばくしますか」  
  
日々の業務の中で患者様からよくこのような質問を受けます。  
  
そこで今回は、放射線被ばくについて簡単に説明させてもらおうと思います。  
  
まず放射線にはいくつもの種類があります。  
X線、γ線、α線、β線 等。  
CTや一般撮影、放射線治療、PET検査など目的によって使用する放射線は異なります。  
当院での放射線検査で使用しているものはX線のみになります。  
  
放射線被ばくで考えなければならない人体への影響には2種類あります。  
『確定的影響』と『確率的影響』です。  
  
『確定的影響』  
 ・ある一定の線量(しきい値)以上の被ばくで生じる影響  
  白血球の減少(250mSv) 脱毛(3000mSv) 白内障(2000mSv) 皮膚障害(3000mSv)等  
 ・しきい値以下の被ばくでは影響は生じない  
  
『確率的影響』  
 ・被ばく線量に比例して発生確率が増加していく影響  
  がん、遺伝的影響等  
 ・100mSv以下の被ばくでは発生確率が増加していくかは不確実だが影響すると仮定されいている  
  

このように確定的影響、確率的影響の両方から見ても一回の検査での放射線被曝が100mSv以下ならば  
ほぼ問題はないと言えます。  
  
当院の検査での被ばく線量はおおよそ以下のようになっています。

 

このように放射線検査で受ける被ばく線量はごくわずかになっておりますので  
放射線被ばくによる影響は心配せずに安心して検査を受けていただきたいと思います。